東京の赤帽プルミエカーゴで港区港南から藤沢市へ

東京都食肉市場、ここでは、毎日たくさんの家畜が食肉になっていきます。

全国から有名ブランドの牛や豚が入荷されます。

今回運んだのは牛や豚を「部分肉」にしていくための「カッター」です。


使い倒したカッターをメンテナンス工場へもっていく。大体月一回のペースで運んでいます。

実はこれ日本製ではなく、アメリカ製なんです。

バックグラウンドで働いてくださる方々がいらっしゃるので、僕らはいつもおいしいお肉を安心して食べられます。

いや〜感謝!感謝!です。




閲覧数:0回0件のコメント